スタジオジャムリは、世を嘆く
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:00:15
きみだって、知ってたはずの嘘だった。

注:傾物語と鬼物語の若干のネタバレが含まれます








鬼物語読み終わりましたよ。

面白かったっすねー

囮物語もそうでしたが、後半が怒涛の展開でした。

「そういうことだったのかー!!」みたいな。

第忍話「しのぶタイム」という割には忍と八九寺の出番が半々といったところでしょうか。

まぁ、その辺は傾物語「まよいキョンシー」でメインキャラがほぼ忍であったことを思えば、

これでお相子ということでしょう。

時系列的には傾物語の直後、忍と阿良々木クンが

夏休みの最後日(~始業式)にかけてとある大冒険をしてきた直後ということになります。

(詳しくは傾物語を読んでください。)

感覚的に言うとあれです。

バイオハザードのレベッカ的な。

バイオ0(黄道特急・幹部養成所)→バイオ(洋館事件)みたいな感じ、かな?

内容としては怪異を超える新たな脅威の登場、

そして忍が最初の眷属を作るに至った経緯が明らかになるお話です。

きみだって、知ってたはずの嘘だった・・・

この言葉が何を意味するのか。

きっと読み進めていくと気づくはずです。

興味がある方はぜひ書店で1300円払ってください。

全然ライトじゃないノベルですよね。

金額的にはむしろヘビーです。

と、言うか本編でのメタ発言がもはや行きつくところまで行ってしまっている気がする。

それは・・・販促だろう?

囮物語 (講談社BOX)囮物語 (講談社BOX)
(2011/06/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


鬼物語 (講談社BOX)鬼物語 (講談社BOX)
(2011/09/29)
西尾 維新

商品詳細を見る




コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jyamli.blog118.fc2.com/tb.php/575-73189fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
J.A.M.L.I
HOME NOVEL BBS(閉鎖)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

スタジオジャムリ

Author:スタジオジャムリ
スタジオジャムリスタッフのブログでございます

それぞれが趣味のようなことをいそいそと綴り
それぞれがやりたいことをやっていく

世を嘆いているように見えても
それは通常運転です

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。